発達障害と知的障害の違いはどのようなところですか?

発達障害と聞くと、知的障害のことだと勘違いしてしまう人も少なくありません。
最近でこそアスペルガー症候群など一部の障害については、知られるようになってきていますが、まだまだ一般的には浸透していないと言って良いでしょう。
ここでは発達障害と知的障害の違いについて考えてみます。

2つの違いはこのような事です

先ほどの勘違いですが、まずすべてが間違っているという訳ではありません。
何故なら発達障害には知的障害が合併しているケースとそうでないケースがあるからですね。
ここで知的障害について少し書いてみます。
知的障害とは知的能力に障害があり、何らかの支援が必要であることというのが定義だとされていますが、これは法律で規定されたものではありません。
あくまでも一般的な定義であると考えてください。
この知的障害ですが、ほとんどの場合で18歳以下の発達期において生じるものです。
知能障害という言葉もありますが、意味としては知的障害と同一であると考えて良いでしょう。
知的障害はその症状の度合によって重度、中度、軽度の3段階に分類されています。
精神の発達年齢である精神年齢を実年齢である生活年齢で割り、それに100をかけた数値で判断することになるそうです。
この数値が50~70%程度なら軽度、35~50%程度なら中度、20~35%程度なら重度といったように分類されています。
また、20%以下の数値だった場合は最重度といった形になります。
ちなみにに70~85%程度の場合はボーダーライン上にあるとされていて、一般的には知的障害とは認定されていないようです。

原因はやはり不明な部分が多い?

では、どうして知的障害が起こるのかという話ですが、厳密には原因が不明です。
軽度の知的障害はほとんどが原因不明なのですが、中度や重度になってくると染色体の以上などが見つかることがあります。
他にも出産時に酸素不足になってしまうトラブル、乳幼児期に高熱を発してしまうなども原因だと考えられているそうです。

発達障害と知的障害もまた曖昧な形になります。
何故なら2つの障害ともにハッキリとした原因がわかっていないからです。
ただし、発達障害の中でも自閉症は知的障害を伴うこともあり、脳の機能障害が原因だと考えられていることから、知的障害は発達障害の1つとみなすケースもあります。
知的障害の場合は知的能力と適応力が判断の要であり、発達障害はコミュニケーション能力や適応力が判断の基準です。
このことから両者を完全に分かつということは難しいでしょう。
ただし、解説したとおりに発達障害は知的障害を伴うケースとそうでないケースがありますので、一概に混同してしまうのは間違いだと言えます。

進化した発達障害になるための3つの条件とは?こちらへ

■よく読まれている記事■
進化した発達障害になるための3つの条件
発達障害を進化させるために脳のしくみを知る

レビューへ

このページの先頭へ