最新情報

2015年5月28日
発達障害について
アスペルガー症候群とは?
アスペルガー症候群は、世間一般のイメージですと心の病気、と位置付けられている向きがありますがそうではなく、脳の情報処理機能の不全による発達障害です。 人の中にいると浮いてしまったり、暗黙のルールがわからず、人とうまく付き・・・
2015年5月28日
このブログについて
それは息子の傷害事件から始まった・・・
それは一本の電話から始まった・・・ 普段自宅で仕事をしている私は、その電話の着信音を聞いたとき、えもいわれぬ妙な胸騒ぎを覚えました。 そして、電話に出た妻の声がだんだんと弱々しく沈んでいくにつれて、私の胸の鼓動は不安でド・・・
2015年5月27日
発達障害について
ペアレントトレーニングとは?
ペアレントトレーニングでは、発達障害の子供をもつ親がその育て方を学びます。 子供に対して適切な接し方が出来るよう、以下のような内容に取り組みます。 まず、子供の行動を分類する方法を知ります。増やしたい行動、減らしたい行動・・・
2015年5月27日
進化の記録
「治す」ことと「進化させる」ことの違い
発達障害が「治る」、「治った」という表現を目にすることがあります。 これについては「治る」とは、どのような状態のことを指すのかという問題があると思うのですが、おそらく日常生活で不便を感じたり、不都合のない状態に改善したと・・・
2015年5月27日
発達障害について
発達障害の息子ロボット化計画
発達障害の子、特に自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群を含む)の傾向がある子の場合は、何だかロボットのような特徴が見られることがあります。 例えば、他人の気持ちを理解しにくい、融通が利かず頑固なところがある、突然の変更・・・

アスペルガー症候群とは?

アスペルガー症候群は、世間一般のイメージですと心の病気、と位置付けられている向きがありますがそうではなく、脳の情報処理機能の不全による発達障害です。 人の中にいると浮いてしまったり、暗黙のルールがわからず、人とうまく付き・・・

それは息子の傷害事件から始まった・・・

それは一本の電話から始まった・・・ 普段自宅で仕事をしている私は、その電話の着信音を聞いたとき、えもいわれぬ妙な胸騒ぎを覚えました。 そして、電話に出た妻の声がだんだんと弱々しく沈んでいくにつれて、私の胸の鼓動は不安でド・・・

ペアレントトレーニングとは?

ペアレントトレーニングでは、発達障害の子供をもつ親がその育て方を学びます。 子供に対して適切な接し方が出来るよう、以下のような内容に取り組みます。 まず、子供の行動を分類する方法を知ります。増やしたい行動、減らしたい行動・・・

「治す」ことと「進化させる」ことの違い

発達障害が「治る」、「治った」という表現を目にすることがあります。 これについては「治る」とは、どのような状態のことを指すのかという問題があると思うのですが、おそらく日常生活で不便を感じたり、不都合のない状態に改善したと・・・

発達障害の息子ロボット化計画

発達障害の子、特に自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群を含む)の傾向がある子の場合は、何だかロボットのような特徴が見られることがあります。 例えば、他人の気持ちを理解しにくい、融通が利かず頑固なところがある、突然の変更・・・

トライネットスクールとは?

トライネットスクールとは、東京都が設置している通信制の高校のことを指します。 例えば、東京都立砂川高等学校がトライネットスクールの1つです。 トライネットスクールは、発達障害やその他の色々な理由で学校に通えなくなってしま・・・

フリースクールとは?

フリースクールとは、何らかの事情で学校に通えなくなってしまった不登校の子どもが学校以外の居場所として通う場所のことを指します。 その種類は多様で、塾が不登校の子ども向けにフリースクールをやっているところもあれば、マンショ・・・

TEACCHとは?

先天的な障害があり、発達障害がある場合には一般の子供たちと同じペースや内容での教育を受けることは難しいです。そのために現在では、発達障害がある子供に対して療育といわれる方法で教育が行われています。 療育というのは個々の子・・・

カサンドラ症候群とは?

夫婦となり生活していくうえでコミュニケーションは大切です。 しかし「会話が噛み合わない」「分かり合えないことが多過ぎる」「感情的になりすぎる」など夫婦どちらかがこのような症状の場合「アスペルガー症候群」の恐れがあります。・・・

進化した発達障害になるための3つの条件

「進化」と「発達障害」、何だか相容れない言葉のように感じますよね。 でも、動物、植物、この自然界の生きとし生ける物はすべて成長し進化しています。それなのに、発達障害だからといって、進化できないと考えるべき理由はありません・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ