アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルを購入しました

買うか買わないか・・・かなり迷いました。

hp

このマニュアルの販売ページを一番最初にバーッと見たときの印象、
それは「うわっ高いなぁ!」と言うものでした。

「何が?」って値段がです。

写真で見る限りお世辞にも高級とは言えない商品外観、聞いたこともない販売元の会社名。

それなのに・・・

書店に並ぶ本でもこんなぼったくりのような価格設定のものはお目にかかったことがありません。

「何でこの値段?」

もう、すぐにページを閉じようと思いましたが、体験談が幾つか掲載されていたので、ザザーッと流し読みしました。

そのうちについでに長い販売ページも読んでいました。

すると、幾つかの気になるキーワードが目に飛び込んできました。

例えば、
「感情の麻痺」「アスペルガーのある特殊な能力」「何世代もの我が家のルーツ」「禁忌食材」「大量に消費してしまう脳の栄養素」といった言葉です。

何となく怪しいけど気になる・・・

そう思って販売元の会社名で検索をかけてみました。
販売元:株式会社ハイパーコンサルティングジャパンのサイト

サイトを見る限り、ちゃんとした会社のようです。

私自身もこれまで発達障害に関する書籍を大量に読み込んできましたが、
「もしかしたらこれまで考えたこともなかったような事実やアイデアが紹介されているのでは?」
そんな期待感が、かすかながら湧いてきました。

で、結局数日迷った挙句、買ってしまいました。

こちらが数日後に届いた商品の未開封の状態です。
アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル
(これは配送版ですが、ダウンロード版も選ぶことができ、その場合は送料2400円が不要です)

こちらがマニュアル本体です。
hontai

早速、付箋とマーカーを片手に食い入るように内容を読み始めました。

正直なところ、その内容は想像していたものより何倍も濃いものでした。

これは単なる医学の解説書でも、療育や子どもとの接し方についてのテクニック集のようなものでもありません。

人間の本質や使命というところから考えた魂の書だったのです。

こんな言い方をすると怪しいと思われるのは承知の上ですが、それ以外に言葉が見つかりません。

書店に並んでいる発達障害系の本とは180度違う観点で執筆されており、はっきり言って図書館など公共の場には置いてはまずい内容になっています。

多くの人の目に触れると、医学会、食品業界、薬品企業、学校や様々な国家機関からの猛反対に遭い、徹底的に潰されてしまうほどの危険性と強力なパワーを秘めているのがこのマニュアルです。

しかし、その解説は非常に理にかなっており、具体的で実践的な内容になっています。

これを読めば発達障害が単なる脳機能の問題ではないことが、はっきりと分かります。

はじめは怪しいと思って読み進めても、きっと読み終わる頃には全てが腑に落ち、ある程度発達障害の知識を学んでこられた方なら全てがつながるはずです。

そして、発達障害の大人や子どもは共感能力やコミュニケーション能力が生まれつき弱いのではなく、他人の何倍も何倍も豊かだからこそ麻痺させられてきたのであり、取り戻すことは可能なのだと言うことが分かります。(詳しい内容が書けないのが残念ですが)

これは買ってよかったと心底から思えました。自分と子どもに対してとても明るい未来を思い描けました。そして、子どもが生まれてきてくれたことに対する感謝の気持ちでいっぱいになりました。

逆にこれを知らなければ、今後も子どもや自分自身に対して良かれと思って、最悪な習慣を続けてしまい、最悪の結果を招きかねないところでした。

我が家では、NGのものばかりを普通以上に大量に取り込んでいましたから、あのまま続けていたらと思うとぞっとします。本当に救われました。

なぜ普通の人なら全然平気なことが、発達障害の人には最悪の事態を招くのかがよく分かりました。

もしあなたご自身やお子さんが以下の特徴に当てはまるなら、特にこのマニュアルを入手されるよう強くオススメします。

  • 食が細い・偏食
  • 食べてもあまり太らない
  • 低体重や痩せ型の体型
  • 便秘や下痢が多い
  • 風邪をひきやすい
  • アレルギーやアトピーや喘息がある
  • 敏感肌である
  • 生理不順やPMSになりやすい
  • 不妊症である
  • 親が教師、医師、政治家、警察官、弁護士、会社社長など社会的地位の高い職業

有料の情報のため詳しくは書けないのですが、以上の特徴をもつ方は今の生活を続けている限り、療育も通院も薬物も全く意味の無いものとなる可能性があります。

精神医学界や科学界のお偉いさんたちの机上の研究や見解とは無関係に、150名以上のカウンセリングとコンサルティングで生まれた実践的な知恵の数々がまとめられたのがこのマニュアルです。

150名のカウンセリングから導き出された共通解という知恵の結晶が得られるのですから、このマニュアルの価格も納得がいきますし、この価格で販売しなければ真剣でない人や敵対者たちの手に渡って悪用されたり訴えられたりすることでしょう。

いえ、販売開始からもう結構な時間が経過していますから、個人的にはもうそろそろ販売中止になるのではないかと予想しています。

ピンときた方は今のうちに以下の公式ページから入手しておかれますようオススメします。
↓ ↓ ↓
アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルの公式ページはこちら

即日実行できて自分も子どもも笑顔が増える

私にとって特に価値が高いと感じた情報は、マニュアルの106Pから113Pにまとめられている「16ステップの実践メソッド」です。

すぐに実行できて結果の出やすいものばかりです。お金もほとんどかかりません。

実は、即日実行できるステップ3までを実行しただけで、数日後には親も子もイライラがずっと軽減され、子どもがすごく穏やかな表情になり、笑顔が増えたように感じました。

さらに数日たつと、息子が自分から学校での出来事を話し出し、家の手伝いを申し出てきたのには驚きました。

残りのステップは2ヵ月ほどかけて一つずつ試していくものですが、16ステップ全て実行したときの変化が楽しみでしょうがありません。

なぜこのマニュアルをオススメするのか

私がこのマニュアルをおすすめする一番の理由は本質を学べるという点です。

このマニュアルを通して身につけられるのは、本質的な考え方であり、遺伝子のルーツや人類に対する使命など大きな枠組の中で発達障害をとらえることができます。

自分の子を日頃から「障害児」と見るか「選ばれた子」と見るか、そこが十分な成長や進化を遂げられるかどうかの分かれ道であり、出発点です。

自閉症スペクトラムやADHDは現代社会では障害扱いされていますが、実際はそうではないのです。なぜなら病的で機能不全に陥ろうとしているのは現代社会のほうだからです。

だからこそ、まずはこのマニュアルを読み込んで、発達障害を本質的に理解した上で子どもと接して欲しいのです。

もちろんお子さんだけでなく、自分自身も発達障害の傾向があると感じておられるなら、自分のこれからの人生のクオリティをあげていくためにも大切な知識を得られることでしょう。

実際、かなりの確率で発達障害の子の親のいずれかの遺伝子に、脈々と受け継がれてきた発達障害の芽が入っています。

発達障害というと一般社会ではネガティブな印象ですが、マニュアルにある通り、エリート一族の末裔としての血が受け継がれてきたということなのです。

ただそれゆえに間違った方向へと進み続けている現代の社会の中では、多くの不調和を引き起こしています。

今こそ、本来の力を取り戻し、親子ともに本当の使命に生きていきましょう。

かなりオーバーに聞こえると思いますが、私にとっては何度も読み返すべき一生モノの書、子や孫に伝承すべき奥義とさえ感じています。本当に。
販売者さんに感謝!

マニュアルの販売ページは以下のリンクをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓
アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルの公式ページはこちら

このページの先頭へ