トライネットスクールとは?

トライネットスクールとは、東京都が設置している通信制の高校のことを指します。

例えば、東京都立砂川高等学校がトライネットスクールの1つです。

トライネットスクールは、発達障害やその他の色々な理由で学校に通えなくなってしまった子どもたちが、自宅や自分の好きな場所でネットを使いながら学習し、高校の卒業資格を得ることができます。

トライという言葉自体は、様々な理由で全日制・定時制課程で学べない生徒のためのセーフティネットとして機能しながら、インターネット等の情報通信技術を取り入れた教育を行っている、既存の都立高校ネットワークとの連携をしている高校のことを指し、トライネットスクールは、自己実現に挑戦する(try)学習を支援する目的で設置されています。

ネットを使って学習するので、学習時間もその生徒の自由に設定することができますし、レポートも電子メールで提出したり、インターネットを使って添削も行われています。

■よく読まれている記事■
進化した発達障害になるための3つの条件
発達障害を進化させるために脳のしくみを知る

レビューへ

このページの先頭へ