精神障害者保健福祉手帳とは?

精神障害者保健福祉手帳とは、精神障害の状態で長期にわたり日常生活や社会生活が困難とされる人に、都道府県知事から交付される手帳のことです。

認定対象者はすべての精神疾患者で、うつ病、そううつ病、てんかん、統合失調症、高次脳機能障害、薬物またはアルコール依存症、自閉症などがあります。

ただし、知的障害があって精神疾患の症状のない方は療育手帳制度がありますので手帳の対象者にはなりません。また、精神障害者保健福祉手帳は医師による初診から6カ月以上経過していることが必要です。

精神障害者保健福祉手帳は障害の状態によって1級から3級までの等級があり、有効期限は2年で、2年ごとの診断書の提出によって認定をうけます。

認定され手帳を交付された人は、国や地方から支援をうけることができます。

支援の内容はNHK受信料の減免、税金の控除や減免などがあります。地方によっては公共料金や交通料金の割引、携帯電話料金の割引などがあります。

■よく読まれている記事■
進化した発達障害になるための3つの条件
発達障害を進化させるために脳のしくみを知る

レビューへ

このページの先頭へ