TEACCHとは?

先天的な障害があり、発達障害がある場合には一般の子供たちと同じペースや内容での教育を受けることは難しいです。そのために現在では、発達障害がある子供に対して療育といわれる方法で教育が行われています。

療育というのは個々の子供の能力に合わせて、その子が出来る能力を伸ばしながらできることを増やしていき、その子供のレベルで出来るだけ社会の中で自立して生活できるようにする方法を言います。その中のひとつがTEACCHになります。

TEACCHでは子供が健やかに安定して生活が送れるようにすることを目的としており、発達障害がある子供にある問題点を少しずつ埋めていくことによって社会への適応性を向上させ、様々な能力を向上させていきます。

具体的な方法としては、生活しやすいように生活環境を整えたり、コミュニケーションを上手に取れるように絵やカードを使用したコミュニケーション方法などを学びます。

障害は一生にわたって続くもののため、将来までを考えたスキルを学んでいきます。

■よく読まれている記事■
進化した発達障害になるための3つの条件
発達障害を進化させるために脳のしくみを知る

レビューへ

このページの先頭へ