多動性発達障害とは?

多動性発達障害とは、発達障害の1つであり、おもに落ち着き、かない、じっとしていらない、衝動的であるなどの症状があらわれます。

また、集中力がない場合もあわせて、注意欠陥多動障害ADHDと呼ばれています。

よく、子供で学校の授業中に、落ち着きがなく、じっとして授業をうけれない子供がいます。まわりの他の子供たちは、落ち着いて普通に授業をうけていますが、その子だけは、落ち着きがないので目立ってしまいます。

教師や周りの子供からしてみれば、不真面目な子供と思うかもしれません。多動性発達障害は、障害ですので、周りが温かい目で見守ってあげなければなりません。

多動性発達障害の原因は、はっきりとして原因は、わかっていませんが、脳の機能不全といわれています。

このような症状は、大人になるにつれて、おさまってきますが、大人になってもじっとしていられないなどの症状が残る人もいます。

大人になってこのような症状が残っていますと、社会生活に不都合をもたらしてしまいます。

■よく読まれている記事■
進化した発達障害になるための3つの条件
発達障害を進化させるために脳のしくみを知る

レビューへ

このページの先頭へ