地域障害者職業センターとは?

地域障害者職業センターとは、障害者雇用促進法により定められている、障害者のための職業リハビリテーション施設です。

障害者の人たちは特別支援学校などで教育を受け、卒業すると社会に出る方もいます。障害があるからといって、家にひきこもるのではなく、積極的な社会参加を望む方は少なくありません。

障害のある方にとっては、一般社会に適応して働くことができるよう専門の職業訓練を受けることが、就職後も安定して勤めるのに大きく役立ちます。

地域障害者職業センターでは、障害者雇用カウンセラーがいますので、職業指導などが行われています。また、就職活動を行う際にも、全面的に協力してくれます。

さらに地域障害者職業センターでは、ジョブコーチという取り組みを行っているところもあります。

ジョブコーチとは、障害者が就職した際に新しい職場に慣れるまでの、数か月間の間いっしょに出向き、いろいろなサポートをしてくれます。たとえば、悩みごとの相談にのってくれたり、職場でみんなと仲良く働けるように調整してくれます。

■よく読まれている記事■
進化した発達障害になるための3つの条件
発達障害を進化させるために脳のしくみを知る

レビューへ

このページの先頭へ