発達障害の相談先はどのようなところがありますか?

もし自分の子どもが発達障害だったらと考えると、不安になる親御さんも少なくありませんよね。
特に軽度発達障害の場合は、症状にしても他の子と少し違うくらいかと安易に対処してしまうことが多く、なかなか気づかないのも珍しくないようです。
しかし、現在では発達障害について知られるようになってきており、ちょっとおかしいかもと思った時には相談する先が沢山あります。
小さなお子さんのうちから適切な療育をしていくことで、発達障害だからと社会生活ができなくなることを軽減できるでしょう。
ですので、なにか気になることがあれば、まずは相談をするという形が良いですね。

では、発達障害のことを相談できる先はどこにあるのかを解説してみます。

代表的なのは医療機関

小児科などかかりつけのお医者さんに、最初は相談をしてみると良いでしょう。
しかし、病院に相談をすると、いきなり発達障害と診断されそうなので躊躇してしまうというのなら、別の相談先も選択肢に入れてください。
公共機関としては、お住まいになっている市町村の窓口があります。
近年では役場ごとに専門の窓口を設置しているところが多くなっており、親御さんだけではなく、それに関わる多くの人からサポートを受けることができるのが特徴です。

窓口以外に代表的なのが、発達障害者支援センター

発達障害者支援センターの特徴は相談支援だけではありません。
医療や保健、福祉、教育などのような各関係機関と連携をしながら、総合的な支援を行ってくますので、非常に心強い味方となってくれるでしょう。
いきなり支援どうのとなると話が重くなってしまいがちですが、まずはお子さんが発達障害かもと思った時は、相談をしてみてください。
自分一人では判断がつかないことも、専門家から見たアドバイスをしてもらうことができますので、非常に役立ってくれるはずです。
他にも発達障害情報・支援センターであったり、発達障害教育情報センターという場所もありますので、相談先の1つとして覚えておいてください。
また、公的な機関だけではなく民間の団体などもありますので、そうしたところに相談をするのも手段として悪くありません。
発達障害のお子さんを持つ親御さんたちが集まっているサークルなどもあり、親御さん同士でしかわからない情報のやりとりをすることもできますし、何よりも実際の苦悩をわかちあえることが大きなメリットだと言えます。
発達障害のお子さんがいると、周囲にはなかなか相談しにくいものですので、ストレスをためてしまうことも少なくありません。
そうした時に気軽に相談できる場所があることを知っておくと、それだけでも心の支えになってくれるでしょう。

進化した発達障害になるための3つの条件とは?こちらへ

■よく読まれている記事■
進化した発達障害になるための3つの条件
発達障害を進化させるために脳のしくみを知る

レビューへ

このページの先頭へ