発達障害者支援法とは?

発達障害者支援法とは、2004年に施行された法律です。
この法律が施行されたことにより、今までは、認定されなかった、知的障害や身体障害のない発達障害の人々が、新たに障害者として認定を受けました。

対象者には、広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害が含まれています。
発達障害者支援法では、発達障害者への理解や支援をすることにより、教育や福祉の面で充実したサポートを行います。

これにより昔は「しつけ方や育て方が悪い」とか、「本人の努力が足りない」と言われ対処法がわからず、困難な状況に陥った方々も、障害者と認定されることで、早期発見し、早期療育を受け、個人に見合った教育を行うことができます。

このように、日常生活や集団行動での過ごし方を訓練を受ける事で、社会に対応しやすいようにできます。

また、就労に対しても、公共の職業安定所や障害者職業能力開発校、地域障害者職業センターがあり支援してもらえます。

■よく読まれている記事■
進化した発達障害になるための3つの条件
発達障害を進化させるために脳のしくみを知る

レビューへ

このページの先頭へ