認知行動療法とは?

認知行動療法とは、「認知(ものの受け取り方やものの見方)」に働きかけて、心に受けているストレスを軽くしていく治療法です。

うつ病、パニック障害、強迫性障害、薬物依存症、統合失調症などの多くの精神疾患で効果があることが実証されています。

認知行動療法は、専門家によって実施されるほか、マニュアル化された技法を使って自分自身で行うこともできます。

何かの出来事があると、瞬間的に頭に浮かぶイメージや考えである「自動思考」が生まれます。この自動思考によって、感情や行動が起こるので、自動思考に働きかけることでストレスに強い心を育てるというのが、認知行動療法の考え方です。

認知行動療法は次のように進めていきます。

まずは、ストレスに気づいて問題を整理します。生活の中では、楽しめる活動ややりがいのある活動を増やしていきます。

次に自動思考が感情や行動にどう影響しているかを調べます。自動思考と現実のズレに注目して、現実に沿った見方に変える練習をします。

バランスよく考えられるようになったら、問題解決の方法や人間関係改善の方法も練習します。

■よく読まれている記事■
進化した発達障害になるための3つの条件
発達障害を進化させるために脳のしくみを知る

レビューへ

このページの先頭へ