学習障害LDとは?

学習障害LDとは、どのような障害かといいますと、知能の発達は、遅れが無く普通ですが、話す、読む、計算する、書く、推論するのどれかが、著しく劣る障害です。

この学習障害LDは、最近ではようやく周りに認知されてきましたが、以前はまったく認知されていませんでした。

学校に通う子供で、このような障害があることが、本人も周りの人間もわからず、大変苦労した子供もいます。このような障害が、いじめにつながる場合があります。

周りの子供たちは、あたりまえのように、計算したり、読んだりできますが、学習障害LDを持った子供は、あたりまえのようにすることができません。

この生涯を知らない子供たちからしてみれば、勉強できない、頭が悪いというようにとらえられてしまいます。

学習障害LDは、はっきりとした原因は分かっていませんが、中枢神経に問題があるといわれています。

学習障害LDは脳の障害の1つでありますので、周りの人間はそれを理解して適切なサポートをしてあげなくてはなりません。

■よく読まれている記事■
進化した発達障害になるための3つの条件
発達障害を進化させるために脳のしくみを知る

レビューへ

このページの先頭へ