特別支援教育とは?

自分の子供が何らかの障害を抱えているとなると、親としてはとても不安な気持ちになります。

特に、学校に通いだすようになると、周りの生徒や先生に迷惑をかけないだろうか?ちゃんと学校でみんなと一緒に勉強できるだろうか?と不安になります。

しかし、平成19年度の4月から、特別支援教育がおこなわれるようになりましたので、安心して学校に通わせることができます。

特別支援教育とは、ひとりひとりの教育ニーズを把握して障害を抱える児童生徒自身が持っている力を高め、生活や学習面で問題を克服すよう支援する取り組みのことです。

この取り組みはすべての学校で位置づけられていますので、障害を抱える子供でも安心して学校に通学させることができます。

しかし、親としては障害を持つ子供の自立を特別支援教育を施してくれる学校や行政だけに頼るのではなく、しっかりと家庭の中でも教育し、この問題に取り組むのはとても大切なことと言えるでしょう。

■よく読まれている記事■
進化した発達障害になるための3つの条件
発達障害を進化させるために脳のしくみを知る

レビューへ

このページの先頭へ