感覚統合発達障害とは?

感覚統合発達障害とは人間が持つ、見る・聞く・味わう・匂いを嗅ぐ・触角の5感をうまく使うことができず、様々な困難に陥ってしまう事を指します。

子供において、この障害がある場合には外界からの情報を得ることが困難になってしまい、通常の方法での学習が難しくなってしまいます。

人間は5感を上手く利用して適切な行動をとることができる能力として感覚統合を持っていますが、この障害がある人は、他に注意力の散漫や行動上の問題、また発話の遅延、そして強調の粗末さも症状として現れます。

現在は原因としてははっきりとしたことが分かっていませんが、かつては育て方や愛情不足が唱えれていました。しかし、それははっきりと否定されています。

ただ、なんらかの遺伝的なものがあるとは言われており、そこにおいても何の遺伝子が原因なのかは特定がなされていません。

感覚統合発達障害の治療法としては、心理療法、行動療法、薬物療法が行われており、その中で言語やコミュニケーション訓練、また対人関係を学ぶ訓練などが用いられていますが、薬物療法のみは医師のみのよって行われています。

■よく読まれている記事■
進化した発達障害になるための3つの条件
発達障害を進化させるために脳のしくみを知る

レビューへ

このページの先頭へ