ハイパーレクシアとは?

ハイパーレクシアは、読み書きの能力が幼いころから秀でているが、会話になるとうまくコミュニケーションをとることができない特徴を持っています。

文字や数字に幼いころから執着しており、場合によっては2、3歳から本を読み始めたりすることもできることもあります。文字や数字にだけ興味を持っているので、それが聴覚から入ってくるものに対してうまく対応できなくなるケースが多いです。

自閉症と一緒にハイパーレクシアは併発することが多く、物事や社会が変化することを嫌い、それに対応することができなくなります。視覚で見たものを異常に覚えていたりすることがある反面、聴覚に対して著しく部分的にしか聞いていないことがあり、聴覚障害だと疑われることもあります。

治療法としては、コミュニケーションの中にうまく入ることができれば改善することができます。目で見た言葉を理解して体現することで、適切なコミュニケーションになることもあります。

■よく読まれている記事■
進化した発達障害になるための3つの条件
発達障害を進化させるために脳のしくみを知る

レビューへ

このページの先頭へ