言語発達障害とは?

言語発達障害は生後6カ月位までは特に異常を感じませんが、言葉を話すようになる頃に気付くことが多いのです。

特に幼児期になるとはっきり分かるようになり、精神遅滞がなくても言葉の表現が上手くできないといった症状が現れます。しかし、精神障害がなく身体的な運動機能の障害も認められず、養育環境においても不適切と思われる条件がないと 言語発達障害と診断されます。

言語発達障害の症状は年齢によって特徴があり、乳児期には人見知りをする傾向が少ないとされています。

幼児期では発語が遅いため聴覚の障害と間違われることもあります。

言語発達障害と診断するためには様々な検査を受けることになります。心理学的な検査もありますし知能検査や言語心理能力検査も行われます。

言語発達障害であれば言語指導を行い、障害の程度に合った治療を進めていきます。

専門家の指導のもと、言語の発達に合わせながら周囲が言葉をかけたり励ましながら育てていくことが大切です。

■よく読まれている記事■
進化した発達障害になるための3つの条件
発達障害を進化させるために脳のしくみを知る

レビューへ

このページの先頭へ