発達障害の学習支援にはどのようなものがありますか?

発達障害を抱えているお子さんは、その障害特性から上手く学習が進まないということもあり、学校の授業についていくのが難しいというケースも少なくありません。
勉強についていけなくなることで不登校になったり、ひきこもりになってしまう可能性が高くなってしまうので、親御さんにとっても大きな問題です。
しかし、お子さんの勉強をずっと見るというのも難しい話なので、どこかで学習支援を行っていないかと考える人も多くいらっしゃいます。

学習支援の種類・特性について

発達障害のお子さんに向けた学習支援には様々なものがあります。
基本的には民間の団体が行っている学習支援を利用することになるのでしょうが、各団体でその内容は異なっていると言って良いでしょう。
デイサービスのような形で行っているところもあれば、独自の資格にはなるのですが発達障害のお子さんに学習支援をすることを目的としたものを創設しているようなところもあります。
通信講座にて発達障害の学習支援を行っているというケースもありますので、どこかにこだわるのではなく、お子さんにあわせたサービスを利用すると良いでしょう。

発達障害を抱えているお子さんは、様々な面でサポートを必要としています。
軽度の障害であれば問題なく学校に通うこともできるかもしれません。
しかし、そうした人ばかりではないですし、軽度の発達障害であっても学校に通うのが難しく学習支援を必要とすることもあるでしょう。
そうした時に選択肢を示してあげることが重要であり、そのためには日頃からしっかりとフォローしてあげることも大切です。
発達障害のお子さんに向けた学習支援にしても、上で書いたように多くの団体が行っていますので、まずは調べることから始めると良いでしょう。
インターネットで検索をすると、数多くの学習支援サービスがヒットしますので、お子さんや親御さんにとって最適だと思われるものを探すことができます。

インターネットで探すのは躊躇してしまうというのであれば、公共機関や発達障害のお子さんを持つ親御さんで作っているサークルに相談するのも1つの方法です。
発達障害者支援センターなどは教育面だけではなく、総合的にサポートをしてくれるところですので、相談を持ちかけてみると良いでしょう。
サークルにしても子育て中の親御さんで作っているものですので、実際にどうだったという話を聞けるかもしれません。
発達障害を持つ親御さんの悩みというのは、1人で抱え込んでいても解決できないものが多いので、専門家や同じ立場にある人達に頼るというのも忘れないようにしてください。

■よく読まれている記事■
進化した発達障害になるための3つの条件
発達障害を進化させるために脳のしくみを知る

レビューへ

このページの先頭へ