機能不全家族とは?

機能不全家族は、育児放棄や性的虐待、心理的虐待、著しい家族だけのルールの中で育つ環境にあった家族のことを指しています。簡単に言えば家族崩壊にもなります。

しかし家族間では、それが通常と思い込んでいることもありますので、家族崩壊はしておらず、社会的な関わりを持ったときに自分の家庭はおかしいと気付くことがあります。

そのような機能不全家族で育つと、社会適応が難しい大人になることもあります。

そのような環境に育った子供がすべて社会不適応な行動をするわけではなく、あくまでも確率の問題になります。

なかには社会に出て自分の中で軌道修正して、適切な適応力を身に着ける大人もいます。

一方自分の中のルールに固執して、うまく周りと共存することができず、他者の違いを認められないで暴言や暴力行為を起こしたり、また自分に自信を持つことができず、また信頼できる人もいないという状況に陥ることもあり、問題行動を起こす可能性があります。

■よく読まれている記事■
進化した発達障害になるための3つの条件
発達障害を進化させるために脳のしくみを知る

レビューへ

このページの先頭へ