知能検査とは?

脳に何らかの異常を受けた場合や認知症が疑われる場合などは、知能検査をして脳に異常がないかを確認していきます。言語理解、知覚統合、作業記憶、処理速度などといった内容があり、これらを正確に行なえるかどうかを確認します。

人間は誰でも得意な部分と苦手な部分がありますが、得意な所を伸ばし苦手を克服するためにはどうすれば良いかを考えていきます。

知能検査は検査をする人とされる人の相性も重要なポイントで、「一緒にいて楽しそうだ」と思う人から検査を受けるか「この人とは合わなさそうだ」と思う人から検査を受けるかによって違った結果が出てきます。

また、脳の様子は調べられてもその人の持っている創造力まではわからないものです。

他の方と比べてIQが低かったとしても「頭の悪い人」と断定する事は出来ず、独自の創造力を持っている事は多いのです。

それはIQが高い人には理解できないかもしれませんが、将来の日本を良くするために役立つ可能性だって十分あります。

■よく読まれている記事■
進化した発達障害になるための3つの条件
発達障害を進化させるために脳のしくみを知る

レビューへ

このページの先頭へ