チック障害とは?

チック障害とは6歳前後の子どもの時期に症状が出やすく、女の子よりも男の子に起こりやすいといわれています。

チック障害の症状は、一見癖のような感じの症状で動作に現れる「運動チック」と音声に現れる「音声チック」と2つに分けられます。

運動チックの場合、主に顔周辺にその症状は現れ「瞬き」「目を動かす」「首振り」「顔をしかめる」「肩をすくめる」などが多く、音声チックの場合は「咳ばらい」「唇を鳴らす」「単語を繰り返し発する(あー、ブー、ガーetc)」などの症状が出やすくなります。これらが長期間にわたって1日に何度も繰り返されるのが特徴です。

チック障害の原因は脳の線条体の障害や心の問題に関係があると言われていますが、ハッキリとした原因はわかっていません。

母子関係に重要な原因があるのではないかとも言われています。

またストレスや不安などが症状を悪化させることもあるので、チック障害を起こしてしまいやすい子どもの心を安心させることが一番の治療法になります。

症状が酷くならない限り薬などでの治療もなく、成長していくにつれて症状は治っていきます。親としてできることは症状が出た場合、怒らないことが大切です。

■よく読まれている記事■
進化した発達障害になるための3つの条件
発達障害を進化させるために脳のしくみを知る

レビューへ

このページの先頭へ