注意欠陥多動性障害(ADHD)とは?

子供は本来元気がよく走りまわったして落ち着きがないものです。

しかし、他の子と比べると自分の子があまりにも落ち着かない、授業中にそわそわとして、時には席を離れてしまうなどといった時には単に「落ち着きがない性格」という個性の問題ではなく、注意欠陥多動性障害(ADHD)なのかもしれません。

注意欠陥多動性障害(ADHD)とは、多動性、衝動性、不注意という症状があらわれます。

例えば学校の授業中じっと座っていられない多動性、自分の順番が待てない、他の人の行動をさえぎる衝動性、注意力が散漫で長続きしない不注意、という症状がみられます。

実は注意欠陥多動性障害(ADHD)は、子供だけではなく大人でも問題を抱えています。そのため職場の人とうまくいかなかったり、仕事でミスばかりしてしまうことがあります。

それで、できるだけ子供のうちに早めにこの問題と取り組みましょう。

そのためには、この問題を専門としているカウンセラーや専門家にまずは相談してみましょう。

■よく読まれている記事■
進化した発達障害になるための3つの条件
発達障害を進化させるために脳のしくみを知る

レビューへ

このページの先頭へ